製造工程

仕込1 蒸米

1mushikome
良質な原料米を洗い、水に浸して水分を吸収させた後に水切りし蒸ます。

 

仕込2 麹棚【製麹】

2koujidana
蒸した米を40度前後に冷まし種麹を混ぜ2日程度かけて「麹」を作ります。

造る焼酎の種類により「白麹」「黒麹」を使い分けます。

 

仕込3 一次仕込

3ichijijikomi

麹に酵母と水を加え仕込みます。

1週間程度熟成させ一次もろみを造ります。

 

仕込4 芋の選別

4senbetu

鹿児島県内で収穫した、さつま芋を1つ1つ選別します。

黄金千貫は、デンプン質が豊富で焼酎造りに適しています。

 

仕込5 芋蒸機

5imomushiki

選別したさつま芋を芋蒸機に入れて蒸します。

 

仕込6 二次仕込

6nijisikomi

一次もろみに蒸して粉砕した主原料のさつま芋と水を加え二次仕込みを行います。

 

仕込7 発酵

7hatukou

8日間かけ発酵させ、甘く芳醇な二次もろみを造ります。

 

仕込8 蒸留

8jyouryu

発酵が終わり、もっともいい状態で熟成したもろみを蒸留することにより、焼酎の原酒が出来ます。

 

仕込9 貯蔵熟成

9tyozo

出来上がった原酒は貯蔵し熟成されます。

 

仕込10 品質チェック

10hinkan

余分な雑味成分を取り除き、口当たりまろやかな味わいを実現します。

 

仕込11 商品発送

11haltuso

貯蔵熟成された原酒を割水して度数調整し、瓶詰めされて全国の皆様の元へお届けします。